ピアノを処分してもらう場合、ヤマハやカワイなどの名の知れたメーカーでないと
何万円か支払って処分してもらうことになります。

マニアには高く買ってもらえます。
ネットオークションに出してみるという手もあります。
さっさと見切りをつけずに探してみたほうが後悔しませんよね。
それか、児童館や老人ホームなどに譲渡することができないか行動してみることです。
国産のピアノは評判が良くて、湿度にやられず故障も少なくて長持ちするので、
ピアノは高価なものですし、処分しようと思ってもこだわりがあることが少なくないですよね。
売られる前には、しっかりリニューアルもされます。

売ったピアノは日本で再販されるか、日本国外へ輸出されるようです。
日本国外へ輸出される場合、比較的小さいアップライトピアノはアジアへ輸出され、
なので、大切に扱って欲しいと思うし、どこに行くかも知りたくなります。

汚れやサビを落とし、傷を目立たなくするのはもちろんのこと、
新品のような状態に変わるんですよ。

買い取られたピアノはどこへ行くのでしょう。
グランドピアノはヨーロッパやロシアへ輸出されるのが多数だそうです。
中の部品も点検して、悪いものは交換されます。
いろんな国で需要があります。
ピアノは重量があるため、
質のちゃんとしたピアノを販売しているというメーカーもあるにはあるようです。
そのようなピアノは、当然のことながら、価値を知っている業者や
ただ、あまり名の知れたではないし作られたピアノの数は限定されているけれど、

遠いところにある業者だと配送料がどうあっても妨げになってきますが、
なにをやっても買取業者が見つからないとき、
買ってもらえないことも多くあるようです。

中古ピアノ 買取